不動産投資で稼ぎたい人が宅建士の資格を取るべき2つの理由

こんにちは、不動産投資勉強中ののっちです。
今回は「不動産投資に宅建士の資格は必要なのか?」という問いについて考えてみたいと思います。
これから不動産投資を始めたいけど、宅建士の資格は必要なのか?と悩んでいる人向けの内容です。
個人的な結論はズバリ「不動産投資をするサラリーマンは勉強のためにもとるべき」です。

不動産投資で宅建業者免許(宅建士)が必要なのは短期売買を繰り返す時だけ

まずは宅建士の資格が必要になる場合を知っておきましょう。
宅建士というより宅建業者としての免許が必要になる場合があります。それは複数の物件を短期間での売買を継続的に行って売却益(キャピタルゲイン)を得ているような場合です。
このような時には個人が不動産投資だと思ってやっている場合であっても「事業」をしているとみなされ、宅建業者でないと宅建業法違反になる可能性があります。そして宅建業者として登録を受けるには宅建士の資格が必要になります。
こういった投資をする場合には宅建士を取得し宅建業者として免許をうけることを考えたほうがよさそうです。

それ以外、不動産業者に投資用の物件を仲介してもらって運用する分には宅建士の資格は必要ありません。
では不動産投資をする人には宅建士の資格は必要ないのでしょうか?
それでも個人的には「十分取得する価値がある」と思っています。以下に理由をあげていきます

不動産投資の自己学習には幅広い知識が学べる宅建士が最適

不動産投資にはリスクがつきものです。

  • 悪質な業者に騙される
  • 儲けが出ない物件を買ってしまう
  • 空室によって収益が悪化してしまう
  • 税金や手数料で無駄な支出をしてしまう

こういったリスクはゼロにはなりませんが、自己学習することである程度避けられます。
そしてその自己学習には宅建士の資格勉強が向いていると思います。
なぜなら宅建士の試験範囲は幅広く、宅建業者の決まり事から不動産にかかる税金や法律・法令などを一通り学べるからです。
僕のような全くの素人は不動産投資の勉強といってもどこから手を付けてよいかわからなかったので、宅建士が勉強のとっかかりとしては最適でした。この不動産関連の知識が一通り学べる、というところだけで宅建士の資格は勉強する価値があると思います。

普段の生活でも役に立つ知識もある

また、宅建士の勉強していくと普段の賃貸契約の時などでもためになる知識があります。例えば賃貸契約をするときは「重要事項説明」というのを業者から受けますよね?あれにも規則があって、

  • 契約するまでに重要事項説明をする必要がある
  • 重要事項説明は宅建士がしないとダメ(宅建士証を提示する必要もあり)
  • テレビ会議等で行ってもOKな場合もある

などがあります。重要事項説明の書面の内容なども細かく規定があるので、知らなくて損した!ということも少なくなると思います。

自己のスキルの証明として合格率15%程度の宅建士は最適

2つめの理由は難易度が高い宅建士は「自己のスキルの証明」としても最適なことです。宅建士の近年の合格率は以下の通り。

・2018年:15.6%
・2017年:15.6%
・2016年:15.4%

毎年20万人程度が受験しており、およそ6,7人に1人くらいの合格率で他の資格試験と比べると難易度は高めです。少し勉強すれば受かる、という簡単な試験でないことがわかります。目安の勉強時間としては100h以上は必要ともいわれています。
逆に言えば、難易度が高い宅建士資格=価値が高い資格ともいえますね。取得が難しい資格なので自己のスキルの証明として一役買ってくれることは間違いありません。

宅建士をとるべきか?と悩んだら取得するべき

宅建士の試験は年に一度しかなく、まとまった勉強時間も必要です。サラリーマンなら本業の忙しさやプライベートの忙しさもあって宅建士を取りたいときにとれるとは限りません。「宅建士をとるべきか?」と悩んでいる今こそ取得に向けて動き出すべきと思います。
宅建士は決して無駄にはならない資格です。不動産に関して幅広い知識を得られますし、取得も難しい資格なので自己のスキルの証明にもなります。

取得するべきか?と悩んだらまずは勉強だけでもしてみてもよいのではないでしょうか?

宅建士のテキストがよくできている

ちなみに宅建士は人気の資格なのでテキストがとてもわかりやすく充実したものが出版されています。
資格取得後に実際に不動産投資をするときも「こういう時どうすればいいんだっけ?」と悩む場面では役に立ってくれるでしょう。資格取得までいけなくても不動産知識の辞書替わりに手元に持っておくのもよいかもしれませんね。
僕が今勉強しているテキストはTAC出版の「宅建士の教科書」です。フルカラーで見やすく、適度なイラストで難しい権利関係も勉強ができています。おすすめです。