ムーンボードアプリの使い方。インストールと初期設定をして課題を探そう!

2019年3月2日

こんにちは、りばです。ムンボで鍛えてますか?
最近設置ジムが増えつつあるムーンボードですが、先日こんな声を聴きました。

「ムンボのアプリ使いづらい。日本語でまとまってる情報ないの?」

アプリは英語のみの対応なのでちょっと使いづらいですよね。
ということでムンボアプリの基本的な使い方からわかる範囲で書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ムンボアプリのインストールと初期設定

まずはアプリをインストールしましょう。
iOSの方はこちらです。

AppStoreからダウンロード

Androidの方はこちらからどうぞ

Google Play で手に入れよう

インストールしたら初期設定をしていきましょう!
まずはアプリを起動してSTART CLIMBING!をポチ。
するとアカウント登録をしてね、と言われるのでアカウントを持っていない方はSIGN UPをポチ。
(アプリを使うには登録する必要があります)

情報の入力画面が出てくるので順番にいれていきましょう。
入力必須の項目は

  • Choose a username(好きなユーザー名を入力)
  • First name(氏)
  • Last name(名)
  • Town/City(町)
  • Country(国)
  • Email
  • Password

です。nickname(ニックネーム)は省略可です。
メールアドレスなどはパスワードを忘れたときに必要になるので正確に入力しておきましょう。
Do you own or use MoonBoard?は「ムンボのオーナーなの?ユーザーなの?」と聞かれているのでユーザーならUseを選んでおきましょう。

入力がうまくいっていると次の画面に進めます。
この画面では2つのボタンがありますが、上の長い文言はMoon boardのdisclaimer(免責事項)です。同意しないとアプリは使えません。下の短い文言はメールアドレスにお知らせを送ってもよい?と聞かれています。Noのままでもアプリは使えます。
continueを押すとムーンボードの課題の読み込みが始まります。ここは時間がかかります。
読み込みが終わればインストール&初期設定は完了です!

ムーンボードの設定

次はムーンボードの設定を行います。
ムーンボードはホールドのセット(種類)や壁の傾斜のバリエーションがあるので正しく設定する必要があります。
左上のメニューからSETTINGSの中のMOONBOARDとGENERALの2つを設定していきます。

まずは「MOONBOARD」から。
setupは2016か2017バージョンがあります。自分が使うムーンボードに合わせて選びます。
(ウッドホールドがついていれば2017です)
次にSelect your hold setsからついているホールドのセットを選びます。ムンボのホールドはセットに分かれていて、セットごとに購入ができるようです。だいたいのジムではすべてのセットがついていると思うのでプラスボタンから選んでいきましょう。
次にSelect your MoonBoard angleからムンボの角度を選びます。海外では90°を基準とした角度で表現されるようです。なので130°なら40°を選べばよいです。
これでムーンボードの設定はOKです。

続いてGENERAL(一般)設定をします。
ここはほとんど初期設定でOKです。Vグレードを使いたい場合はUSE V GRADEをONにしておきましょう。
これで設定はひとまず完了です!おつかれさまでした。

ムーンボードの課題の見つけ方

初期設定が終わったらさっそく課題を探しましょう!
ムーンボードの壁が大きく映し出される画面まで戻ったらボードの絵を押します。
この画面から課題を探すことができます。

まずは一番グレードが低い課題を探してみましょう。
右下のFilterをポチ。

この画面ではいろいろと設定をして課題を探せます。まずは画面上部のバーでグレードの範囲を指定して課題を探してみましょう。
今回は簡単な課題を探したいのでバーの上下の点をどちらもV3にしてみましょう。
これで上部のPROBLEMSの数値が3727に減りました。V3の課題だけで3000個以上も課題があるようです。

次のFILTERSでは課題をさらに細かく選べます。
中でもBENCHMARKS(ベンチマーク)は重要です。ベンチマーク課題とは、「グレードが適正である」と判定された課題のことです。(ムーンボードのスタッフが判定しているそうです)
どれをやるか迷ったらまずはベンチマーク課題を選んでおくとよいと思います。
ベンチマーク課題をフィルターするにはBENCHMARKSを選べばOK。
V3のベンチマーク課題は22課題あるようです。

さらに下のSORT BYから項目を選ぶと課題の並び順を変えられます。
たとえばEASYを選べばグレードが低いものから並ぶようになります。
今回はMOST REPEATS(最もリピートされている)を選んでみます。
右上の×を押して戻ると、「IN ON THE ACTION」という課題が一番上に出てきました。
これを押すと、壁の画面に戻って課題が表示されます。
これでようやく課題が登れます!

フィルターでは課題の作成者でもフィルターできます。
日本の代表選手やBen moonさんなど有名人の課題も登録されているのでぜひ探してみてください。
(グレードめっちゃ高いので注意です)

まとめ

ということでアプリのインストール&初期設定から最初の課題を探すところまでをやってみました。
LOGBOOK機能や課題の作り方などもまとめたいですね。
課題は僕もまだ作ったことないのでチャレンジしてみようと思います。

ムンボでガンガン鍛えていきましょう!