ボルダリングと温泉が一日で楽しめる湯河原「シーロック」に行ってきた!

温泉地として有名な湯河原町。
湯河原・幕岩ボルダーは関東クライマーの冬の定番としても有名ですね。

湯河原町駅へは東京駅から東海道線で1時間半くらい。
都内から日帰りでも楽しめる近さですね。

そんな湯河原町にボルダリングジム、「Sea Rock(シーロック)」が2018年7月にオープンしました。
クライミング仲間と行ってきたので紹介します。

湯河原町駅へ電車で向かう

朝9時、仲間たちと大船駅に集合して東海道線に乗りました。
大船から湯河原へは50分ほどで到着。
駅前はコンビニやちょっとしたお店があるこじんまりとした感じ。
その日は湯河原温泉のパンフレットを配っている方がいたのでもらってみました。
おまけで着いてた古風なうちわをゲット。暑かったのでありがたい。

シーロックはコンビニが近くになさそうだったのでコンビニでお昼を購入して向かいます

Sea Rockへのアクセス

電車で来た場合はバスかタクシーで向かうのがオススメ。
僕らはちょうど4人だったのでタクシーで向かいました。
タクシー運転手さんには「ちとせまでお願いします」と言うと簡単でした。
シーロックは温泉「ちとせ」のすぐ裏にあります。
料金はほぼ初乗り料金で800円ほど。一人200円なのでバスと同じくらいでした。

ちとせがある通りから裏に入るとすぐシーロックの看板が見えます。

その他のアクセスについてはシーロックHPをご覧ください。
バスは1時間に4本くらい、駐車場は3台まで置けるようです。

https://searock-climb.info/access

鬼強店長とボルダリング

シーロックに到着すると店長が店頭のカウンターでお出迎え。
料金や店舗の案内を受けて着替えを済ませます。
男性用更衣室は小さめでしたので、車の方は事前に着替えておくと良さそうですね。
僕たちは開店直後で他に人がいなかったので更衣室の外で着替えました。

さっそくアップも兼ねて簡単なグレードからスタート。

壁はこの写真の他にスラブ壁が垂壁(写真一番奥)の向かいにあります。
決して広いジムではありませんが、スラブから強傾斜まで一通りの壁はあります。

シーロックの店長は国体出場経験を持つ鬼強クライマーのカイトくんです。
シーロックを開業する前は戸塚のボルダリングジム「RISE」でバイトをしていました。
僕らはRISEの頃からカイトくんを知っていますが、そんな彼とがっつりセッションできるのがシーロックのいいところ。
(カイトくんが強すぎてセッション、というか教えてもらう感じですね)

課題のグレード感はまだ粗削り

シーロックの課題のセットは店長やRISEの仲間などがやったそうです。
彼らはセッターを専門にしているわけではないのでどうしてもグレードはまちまちに感じました。
たとえばスラブの4級課題。
プッシュして体勢を整えて片足に乗り込んで立ち上がるという課題(多分)なのですが、店長もできてないそう。
(店長は他のジムでは1級は軽く落とすグレード感)
僕たち2~3級クライマーも挑んだのですがバラすのが精いっぱいでした。
グレードの絶対値にこだわる必要はありませんが、やはり一定の達成感を得るためにグレードがそろっていることは必要かなと思います。
まだオープンしたてですのでこれからに期待したいと思います。

あとはホールドが新品なのでざらざらで指皮がっつりもっていかれます。

そういえばジムにこんなものがあったので見せてもらいました。
ホールドのカタログですね。このパンフレット欲しかったな~笑

クライミング後は徒歩1分の温泉へ

なんだかんだシーロックでは11時~17時まで登っていました。
途中お昼休憩をはさんでいますががっつり登れました。
個人的成果としては2級を2,3本くらいでしょうか。
悔しいやつも残してしまったのでまた登りに行きたいです。

店長に見送られシーロックを出て徒歩1分、温泉「ちとせ」にきました。
行きのタクシーで目的地として伝えた温泉です。
シーロックからは抜群のアクセスなので電車で来た人にはありがたい。

温泉は一人1500円ほど。貸しタオルは別料金なので持っていくと良いです。
温泉には露天風呂、サウナ、水風呂があります。夏は水風呂が気持ちいいですね。
出たあとには冷水器がありました。この後にビールを最高においしくするため牛乳は我慢。

駅への帰りはバスを使ってみました。
ちとせがある通りとは反対の県道75号にバス停があります。
バスは10分に1本くらいの間隔であったのでそれほど待たずに乗れました。
電子マネーも対応で快適。

大船まで帰ってから美味しくビールを飲んで解散。
クライミング、温泉、飲み、と最高の一日でした。

まとめ:湯河原にクライミング温泉小旅行オススメ

ということで丸一日使って湯河原でクライミング&温泉を楽しんできました。
クライミングの時間を減らしてもう少し観光などに使っても楽しそうです。
冬場ではもちろん、湯河原・幕岩ボルダーもオススメです。

ぜひ休日は湯河原まで足を運んでみてください~

ジム

Posted by りば