コスパ最強のグラスフェッドバター5kg(業務用)を買ってみた!

クライミングが強くなるための1つの手段、ダイエット。
そのダイエットとして最近注目なのが完全無欠バターコーヒーを使ったダイエットです。僕は現在2年ほど実行しています。
そのバターコーヒーに欠かせないもの、それがグラスフェッドバターです。

完全無欠バターコーヒーの必需品、グラスフェッドバターは高い?

グラスフェッドバターとは、牧草で飼育された牛からとれる良質なミルクから作るバターで、最近話題の完全無欠バターコーヒーの必需品です。
ただ、毎日バターコーヒーを飲もうとするとけっこうな量を使います。一日大さじ1(15g)使ったら200gは2週間でなくなります。

消費が激しいグラスフェッドバターですが、日本で手に入るものの多くは価格がめちゃめちゃ高いんですよ。高級なものだと200gで2,000円なんてものもあります。雪印のバターが200gで400円程度なので約5倍も値段がしています。しかもほとんどは輸入品なのでさらに送料もかかります。送料はまとめ買いすることで多少はお得になりますが、それでもそもそも本体が高いですね。

そんな日本のグラスフェッドバター事情がこの商品の登場で大きく変わりました。
グラスフェッドバター業務用5kg(アンカー社、ニュージーランド産)です。

 

良質なグラスフェッドバターがなんと5kgです。もはやバターの単位ではありません。
お値段は送料も込みで約9,000円です。200gに換算すると約360円です。なんと雪印バターよりも安くグラスフェッドバターが手に入ってしまうのです。
5kgと大容量なので品質が気になるところですが、このバターはニュージーランド産です。ニュージーランドといえば食の安全に厳しく、農薬や人工的な飼料を制限してしまうほどの国なので品質も問題なさそうです。
そんな良質なバターがスーパーのバター並の値段で買えるということで、これは買わない手はありません。さっそく購入してみました。

これが業務用5kgグラスフェッドバター!

家に届いたバターがこちら。冷凍で箱に入った状態で届きました。受け取り時からずっしりした重量感です。

この青いシートは厚手のビニールのような感じで、この下が直接バターになってます。切り分けなどはされていません。
このまま冷凍庫にいれてしまうと使いづらいので切り分けなければなりませんね。

ビニールをはがしたのがこちら。画像だとあまりわかりませんが、スーパーで売ってるバターに比べかなり黄色っぽいです。これはカロチンという成分が濃いためのようです。完全無欠バターコーヒー本では、バターは黄色いほど良質だ、と説明されているので、著者を信じればとても良質、ということになります。

使いやすくするため切り分け

ここから包丁で切り分けていきます。
まずは冷凍のまま冷蔵庫に1日~1日半入れます。常温に置くと中まで軟らかくなる前に外側が溶けてしまうようなので、冷蔵でゆっくり溶かすのが良い、とのことです。
僕は30時間ほど置いて切り分けましたがまだ中が凍っていて苦労したので、まる2日ほど置いても良いかもしれません。

とりあえず輪切りにしてみたのがこちら。厚さは3~4cmくらいですが、これで700gあります。大きな包丁や長い包丁があると切り分けが楽そうです。
僕は小さな包丁しかなかったので包丁を押していた手のひらが痛くなるほど大変でした。そして切り分けたのがこちら。

すさまじい量ですね。少し凍ったまま切ると割れてしまうのでどうしてもいびつな形になってしまいます。
キレイに四角に切りたければしっかり溶かしてから切ると良いと思います。ただし、溶かして再冷凍すると風味が落ちる、とのことなのでそこも注意です。
バターを切り分ける良い手段があればよいのですが・・・

バターコーヒー以外にも有用

グラスフェッドバターが大量にあるってとても素晴らしいです。
いつもは高級なので少しずつしか使えなかったですが、これだけあると分量きっちり使おう、って気になります。

また、グラスフェッドバターは濃厚で臭みもなくおいしいので色んな料理にも使えます。普段はバターがもったいなくて作れない料理なんかにもこれだけ量があると気兼ねなくチャレンジできますね。

切り分けは大変ですがグラスフェッドバターがスーパーのバター並のお値段!なのでお得です。これからバターコーヒーにがっつり使いたいと思います。