湯河原ボルダー動画まとめ【中級編1】

2018年1月23日

初心者からチャレンジできる外岩、湯河原ボルダー。
前回の記事では湯河原についての情報と初級の課題を登っている動画を集めました。
この記事では主に5級~2級くらいまでの中級の動画を集めていきます。
調べていくと多くの方が動画を上げてくれていたので課題ごとにまとめています。

米粒岩4級

米粒岩の4級課題は特に動画が豊富でした。人気がある課題のようですね。
いろんな方を見ているとスタートから左手を伸ばして取るカチが核心のようです。そのあとは右手もカチを取って上がる課題ですね。見た目垂壁くらいなので下半身のふんばりとカチの保持力が必要そうな感じですね。
また、これだけの人が登っていると自分の体格に合わせた登り方が見られそうですね。

この課題だけでも12個も動画が見つかりました。
いろんな角度からいろんな人の完登を見られたのでオブザベはこれでバッチリですね。

桜岩 のっぺり(SD) 3級

続いて桜岩の3級課題。シットダウン(SD)スタートですね。
スタートが出づらく、スタートから右手のガバをとるまでが核心のようです。マントルはどなたを見てもそれほどつらくなさそう。
リップをトラバースして右に移動してからマントルする派、スタートからそのままマントルする派に分かれています。見た感じ、手数は増えますが右に移動してからマントルするほうが簡単そうに見えます。パワーがあればスタートからマントルできてしまうのかも?

桜岩 ノーズ(SD) 2級

同じく桜岩の2級課題。遠くの右手ガバ取りが核心の模様。そこをとれてしまえば上ののっぺり3級より簡単かも、と言っている人もいます。

こちらはちょっとスタート位置が違うバージョン。上の2つの動画よりも岩に向かって右のほうからスタートしてます。こっちだと初手・2手目が核心ぽいですね。前の動画と同様、マントルは難しくなさそうです。

こちらの動画の方は上の方が体が振られている初手をうまくクロスで出して処理しています。お見事。

桜岩 ノース(SD) 2級

今まで見ていたのは「ノーズ」(鼻先)、こちらは「ノース」(北)です。紛らわしいですね・・・。混同しないようにしましょう。
こちらのノースは2手目取りが核心。かなり遠く、足が振られているのがわかります。いっそ足は切れるつもりでとったほうが良さそうです。

課題の数がすごい

湯河原幕岩は課題の数が豊富ですが、人気のある課題は動画もたくさんあるのでわかりやすいですね。しかしマイナーな課題は動画もなく自分で探すしかなさそうです。
次は上級編の動画をまとめてみたいと思います!

外岩情報

Posted by りば